香川県立保健医療大学

片山 陽子Yoko Katayama

『その人らしく生きる』ことに真摯に向き合い、主体的に看護学を学んでいる学生さんとディスカッションすることが楽しみです。
看護を共に語り合える学生さん、お待ちしています。
そして『住み慣れた地域で、最期まで自分らしく尊厳をもって生きる』ことを支援するための研究を実践者と共に探究しています。一緒に学びあいましょう。

所属 保健医療学部 看護学科
職位 教授
学位 博士(保健学)
資格 看護師・保健師
専門分野 在宅看護学
担当授業科目 【学部:看護学科】在宅看護学Ⅰ・Ⅱ・在宅看護学実習・老年看護学Ⅲ・地域看護学Ⅰ・看護情報学・看護ゼミナール・専門ゼミナール ・看護学導入実習【学部:臨床検査学科】先端医療技術学 【大学院】在宅看護学特論・在宅看護学演習・健康心理学特論・保健医療学特別研究
E-Mail katayama@chs.pref.kagawa.jp
経歴 〔学歴〕
・愛媛大学大学院医学系研究科地域・老年看護学専攻修了 修士(看護学)2003.3
・岡山県立大学大学院保健福祉学研究科博士後期課程修了 博士(保健学)2007.3

〔職歴〕
・武蔵野赤十字病院看護師(1990-1992)
・公立三豊総合病院保健師(1994-1994)
・三豊総合病院訪問看護ステーション訪問看護師・管理者(1995-2004)
・香川大学医学部看護学科助教(2005-2006)
・香川大学医学部看護学科学内講師(2007-2013途中留学)
・カナダ、ブリティッシュ・コロンビア大学博士研究員(2009-2010)
・香川県立保健医療大学保健医療学部看護学科准教授(2013-2015)
・香川県立保健医療大学兼大学院保健医療学研究科教授(2016-現在)
研究課題 ・尊厳ある死を目指す訪問看護師のターニングポイントの判断と実践の明確化(2018-2021年度科研費基盤C代表)
・尊厳ある死を目指す訪問看護師の予後予測を基盤にした合意形成アプローチモデルの開発(2015-2017年度科研費基盤C代表)
・終末期がん患者の「希望を支援する目標志向型看護実践」の構造化と検証(2012-2014年度科研費基盤C代表)
・市民と専門職で協働する日本型対話促進ACP介入モデルの構築とエビデンスの確立(2015-2019年度科研費基盤A分担)
・訪問看護サービスプロセスを可視化する日本版オマハシステムの開発と検証(2016-2018年度科研費挑戦的萌芽研究分担)
・在宅非がん高齢者の終末期ケアを支えるチームアプローチモデルの開発(2014-2016年度科研費基盤C分担)
・胃瘻患者の誤嚥性肺炎予防のための超音波下胃蠕動運動計測手段の確立(2013-2015年度科研費挑戦的萌芽研究分担)
・多職種連携のための継続看護マネジメントモデルの適用とその検証(2014年度在宅医療助成 勇美記念財団研究助成、分担研究)
・在宅での看取りを支える訪問看護師を対象とした教育プログラムの開発と検証(2014年度南海育成会教育研究助成、研究代表)
・香川型訪問看護サポート体制の構築(2014-現在:2014年度一般財団法人百十四銀行学術文化振興財団助成、研究代表)
・生活と医療を統合する継続看護マネジメント能力を育成する教育プログラムの開発と検証(2010-2013年度科研費基盤B分担)
・非がん患者・家族の在宅緩和ケアにおける看護実践のベストプラクティスとその効果検証(2010-2012年度科研費挑戦的萌芽研究分担)
研究キーワード アドバンスケアプランニング/意思決定支援・エンドオブライフケア・訪問看護・在宅ケア
主な研究・教育実績 > 研究開発支援総合ディレクトリ(ReaD)

PAGE TOP

PAGE TOP