香川県立保健医療大学

塩田 敦子Atsuko Shiota

医療という仕事に携われることの誇りと喜びを伝えられたらなあと思っています。
漢方や心療内科の知識も生かして、保健室担当・産業医として大学のみなさんの健康を守るお手伝いもさせていただけたらと思います。

所属 保健医療学部 看護学科
職位 教授
学位 博士(医学)
資格 医師、日本産科婦人科学会専門医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医 、日本東洋医学会漢方指導医・専門医、日本女性心身医学会専門医 、日本医師会認定産業医、日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医
専門分野 女性心身医学、東洋医学、婦人科腫瘍
担当授業科目 教養部「教養ゼミナール」 看護学科「疾病と治療Ⅱ」「疾病と治療Ⅲ」「疾病と治療Ⅴ」 「看護ゼミナール(看護研究指導)」 臨床検査学科「生殖補助医療技術論」 看護学科・臨床検査学科「チーム医療論」 助産学専攻科「性と生殖の形態と機能」「生殖生命倫理」「助産診断技術学」 大学院「生命・医療倫理論」「保健医療学特別研究」
E-Mail shiota@chs.pref.kagawa.jp
経歴 東京医科歯科大学医学部卒業
東京医科歯科大学産科婦人科を経て
香川大学周産期学婦人科学講座 助教、講師、准教授
研究課題 1.漢方薬・鍼灸における血流改善効果、疼痛改善効果の生体機能学的検査を用いた検証
2.看護基礎教育における漢方教育のあり方の研究
3.漢方薬・鍼灸を用いた女性のエンパワーメント
4.漢方薬のgut-drived sepsisの抑制の研究
5.閉経前女性における乳がん術後Tamoxifen療法中のホルモン動態
研究キーワード 漢方治療のエビデンス、看護基礎教育における漢方教育

PAGE TOP

PAGE TOP