香川県立保健医療大学

古川 文子Furukawa Fumiko

所属 保健医療学部 看護学科
職位 特任教授
学位 修士(看護学,ジョンズ・ホプキンス大学), 博士(保健学,東京大学)
資格 看護師
専門分野 保健医療学研究科看護学専攻博士後期課程(療養支援看護科学)
担当授業科目 看護理論学,看護研究方法特論,療養支援看護科学特論,実践開発看護学特別演習,看護学特別研究
E-Mail furukawa-f@chs.pref.kagawa.jp
経歴 【学歴:看護学関連】
高松赤十字高等看護学院卒業(1972), ハワイ大学マノア校看護学部卒業(1987), ジョンズ・ホプキンス大学大学院看護学専攻修了(仮1995・7;正式1996・5), 東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻修了(2001)

【職歴】
臨床経験
天理よろづ相談所病院ICU看護師,看護部教育担当看護師長

教育(大学)
香川県立医療短期大学教授,香川医科大学(現香川大学医学部)看護学科・医学系研究科修士課程教授,東海大学健康科学部看護学科・健康科学研究科修士課程教授,静岡県立大学看護学部・看護学研究科修士課程教授を経て,2019年4月より香川県立保健医療大学大学院看護学専攻博士後期課程特任教授
研究課題 ・循環器系疾患に対する予防・療養支援(活動・休息・睡眠を中心)に関する研究

・成人・高齢療養者の睡眠中における「寝返り」に関する研究

・オレムのセルフケア不足看護理論に基づく「モノ」の開発と評価 に関する研究
研究キーワード 循環器系疾患, 予防, 療養支援, 寝返り, 「モノ」の介在と看護実践

古川文子他 : 適切性と実行可能性に焦点を当てた「看護研究方法特論」教授内容の評価.
香川県立保健医療大学雑誌, 11, 35-42, 2020.
Furukawa, F. et al. : Motion and time sequences of roll-overs during sleep for development of self-helped roll-over movements: a preliminary study.
Japanese Journal of Ergonomics, 55(4), 133-144, 2019.
Furukawa, F. et al. : Protective mattress development for patients with peripheral vascular disease.
Japanese Journal of Ergonomics, 48(4), 196-203, 2012.
Furukawa, F. et al. : Effect of an off-site walking program on fibrinogen and exercise energy expenditure in women.
Asian Nursing Research, 2(1), 35-45, 2008.
Furukawa, F. et al. : Effects of an off-site walking program on energy expenditure, serum lipids, and glucose metabolism in middle-aged women.
Biological Research for Nursing, 4(3), 181-191, 2003.
古川文子: 壮年期女性職業従事者への個人別対応による速歩運動とその客観的・主観的指標に及ぼす影響に関する介入研究
博士論文, 東京大学(医学系研究科), 2001.
Furukawa, F. et al. : Mechanisms of ishemic morning episode of coronary artery disease following awaking: a review
Tenri Medical Buiietin, 1(1), 126-138, 1998.
Furukawa, F. : Severity of cardiac disease predictors of physical function in women with coronary artery disease.
Master Thesis, JHU. 1995・7.
特許
古川文子他「看護診断学習用具」2001 登録番号3266547
古川文子他「身体マット」2013 登録番号5430923

PAGE TOP

PAGE TOP