香川県立保健医療大学

保健医療学部 臨床検査学科

保健医療学部 臨床検査学科

入学定員20名

誰よりも正確に、誰よりも早く、真理に迫る。
幅広い教養と豊かな人間愛を育むとともに、臨床検査に関する高度な専門知識と技術を修得し、医療チームの一員として社会の要請に的確に対応できる人材を育成します。

学科長のことば

専攻科長のことば
臨床検査学科長 眞鍋 紀子

臨床検査技師は、信頼性の高い検査情報を提供し、予防医学・医療診断・治療等を技術的側面から明視化する科学者です。

医療が専門化・高度化する中、本学では特徴あるカリキュラムと国内最高水準の実習機器を整備し、真の臨床検査学の構築に重点を置いた教育体制をとっています。また、医療従事者に求められる、人間性の豊かさと高い倫理観やコミュニケーション能力に富む技師の育成を目指しています。
さらに臨床検査技師の受験資格のみならず、食品衛生管理者、食品衛生監視員、健康食品管理士、遺伝子分析化学認定士資格の在学中取得が可能で、医療・検診・健康食品・医薬・公衆衛生業界など、幅広い分野での活躍が期待できます。
貴方も本学で学び、共に「臨床検査学」の道を進みませんか。

臨床検査学科の特色

日本初の臨床検査学( 学士):真の臨床検査学を構築
国公立大学あるいは私立大学の臨床検査学科を卒業した場合に得られる学位は、一般的には学士(保健学)あるいは学士(保健衛生学)などです。本学は、臨床検査学の専門性・学問性を尊び、日本ではじめて学士(臨床検査学)の称号を申請し、認められた大学です。真の臨床検査学の構築に重点を置いた教育を行います。
国内最高水準の実習施設と質の高い技術指導
実際に総合病院で使用されている機器と同等な最新の全自動生化学分析装置、呼吸機能測定装置、フローサイトメーター、ハイビジョン顕微鏡システム、凍結ミクロトームなどを実習で使用し、遺伝子のクローニングや配列・発現解析に必要な、PCRサーマルサイクラーやDNAシークエンサーも備えて、技術指導を行います。
指導者育成カリキュラムの充実
保健・医療・福祉の幅広い分野で活躍できる基礎的能力を修得するため、専門教育の多様化を図り、環境・食品検査学、検診検査学などについても学習します。
さらに、チーム医療における他職種との連携について学び、チーム医療を検査サイドから支える指導者を育てます。
少人数教育と充実した教育体制
科学的思考力や課題解決能力を修得する目的で、教養ゼミ・専門ゼミ・卒業研究と入学から卒業にいたるまで少人数によるゼミ形式の教育を一貫して行います。

他大学にない9つの科目

  1. 先端医療技術学
  2. 知的財産法
  3. 検診検査学
  4. 生殖補助医療技術論
  5. 救急医学概論
  6. 健康食品学
  7. リスクマネジメント
  8. 基礎検査技術学演習
  9. 医療経済学

授業風景

PAGE TOP

PAGE TOP